美味しい給食

画像

本日のランチは給食でした。

え?給食?
そう、その給食。


たまにニュースにも取り上げられたりしますが、今の時代の給食って多種多様なんです。

仕出し弁当形式の学校や、男女によって量の違う学校もあると聞いた事がありますが、私の住む街の給食は非常に考えられていて、献立表を見ただけではどんな料理なのかも分からないものもあります。

しかも月の半数位は、テーマのある給食になっています。

例えば、旬の物を味わう献立、全国の色んな土地の味を知ろうと言う郷土料理の献立、県産の物で作られた献立、世界の料理を味わう献立、何が出てくるか材料だけで推測する日はわくわく献立と名の付いたものなどなど、給食ってこんなに考えられているの?と言うくらい驚きの手の込みよう。

息子くんいわく、「やったー今日は黒糖ぱんだ!」だそうで、私としてはおかずの味付けや日々の食事作りの研究、お勉強する感覚で参加してみた給食試食会。

食事って本当に大切で有り難いものです。
専門で勉強をしたことはないから、そのものが持つ栄養やエネルギーを細かく知っているわけではないけど、家族の食欲であったり食べてきたものを知っていると、その日の体調や様子、具合が少しだけ知れたりします。

昨日はうっかり献立表チェックをせずに夕飯を作ってしまったので、息子くんに「昼も夜もお魚なんやーぁ」と突っ込まれましたが…「美味しいでしょ?魚も味付けも違うし」と、一言謝りつつね。


最近の子…って言うとどこからどこまでの人を指すのかは分からないけれど、お米や出汁の味が分からない人もいるのだそうですよ。

栄養士さんも言っていましたが、最近は濃い味付けに慣れている事もあるのでカロリーや塩分の取りすぎが、子どもの頃から心配されているみたいです。
いわゆる【成人病】ですね。

食べたい物を食べたい時に食べる、特別な日もあって良いですが、出来るだけ身体に頭に優しい物を、普段から何気なく取り入れていけるのが良いですね。

あ、食べ慣れていない物に挑戦する…って、大切なんだそうですよ。
一生味わわないのは、言われてみれば勿体ない気もする。
高くて手がでないものでなければ(笑)、食べてみるのも目から鱗体験が出来て、良い刺激になりそうですね。



☆ナミ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

たち
2015年05月21日 14:23
>やったー今日は黒糖ぱんだ!
僕も給食の黒糖パンは好きでした。
子供がいないので、自分の頃としか比べられませんが、子供が好きな味は昔も今もあまり変わらないですね。
あと食べなれないものチャレンジするのも大切ですが、味覚は年齢によっても変わってきますから、子供のうちに無理(程度問題ですが)に偏食を直そうとすることもないと思います(苦笑
☆ナミ☆
2015年05月23日 11:07
たちさん
今の子は色々と気にしなくてはいけない時代な為、窮屈だなぁ~世界が狭いなぁと、可哀相に感じる事も多いですが、その分様々考えられています。
給食もその一つで、食品管理や調理行程もお店並…いや、お店以上の管理です。
ただ偏食については、添加物やら保存料の事や食べ方や家の人の働き方などに影響する時間の具合などで、昔とは少し違った意味も持つ【偏食】になっている事もあるので、市や学校が保護者に対して偏食に対して結構うるさく言われてるみたいです。
けど…やっぱりたまにはジャンキーもいきたいです。私も。

この記事へのトラックバック