1月17日



こんにちは。

お久しぶりです。

私は今、宮崎へ向かう電車の中です。


今日は、我が家の長男の4歳のお誕生日であります。
いよいよ、あらゆる場所で料金が発生する年齢となってまいりました(笑)
なんだか、日に日に個としての人格がはっきりしてきています。

そして、【1月17日】と言えば、阪神淡路大震災のあった日。
今年は18年目だそうです。

今でもはっきり覚えている、中二年生でした。

息子くんの誕生日が同じで、しかも午前午後の違いはあるけれど、あの時刻と1分違いで生まれて来た彼だから、何か意味や使命があるのかな?と、勝手に考えてたりして…。

先に、《宮崎へ向かう電車の中》と書いたけど、その理由なのですが…。
今日正午に、私のおばあちゃんが亡くなったと知らせがありました。
その為です。

今朝こそ、先に宮崎に入っていた父と電話で、「週末には宮崎に行くから~」と話していたのに…。
奇しくも今日、その知らせは届いてしまいました。

悲しいです。
そして悔しい思いもあります。
少しでも早く会いに行っていれば。
後悔先に立たずだとは分かっているけど、私の考えが及ばなかった…。


生と死とを、こんなにも深く考える日もそうないと思う。

おばあちゃん、
最期はしんどかったね、
ばあちゃんは楽しい事、沢山ありましたか?
どうか安らかにお眠りください
神様の近くへと、じいちゃんの元へと~。



そして我が息子くんよ!
お誕生日おめでとう!!

日々成長する君に戸惑う事も多いけど、これから大きく羽ばたく君だ♪
存分に失敗を経験し、誰でもない君にズンズン成長してってくださいねー(^O^)/

☆ナミ☆

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

コンコン
2013年01月18日 01:12
訃報は突然が多く、心の整理がつかないときに知らせがきてしまいますね。
お悔やみ申し上げます。

息子さんのお誕生日おめでとうございます!自分とは誕生日が一日違いで勝手に親近感もっております!四歳といえばますます元気でやんちゃになる年頃でしょうか。

阪神淡路大震災からはや18年、各地で黙祷が行われ、18年目にして初めて黙祷に参加できたという遺族のかたもいたようで、震災を絶対忘れられない人達も多くいる事を、僕達が忘れてはいけないですね。

コンコン
2013年01月18日 01:13
訃報は突然が多く、心の整理がつかないときに知らせがきてしまいますね。
お悔やみ申し上げます。

息子さんのお誕生日おめでとうございます!自分とは誕生日が一日違いで勝手に親近感もっております!四歳といえばますます元気でやんちゃになる年頃でしょうか。

阪神淡路大震災からはや18年、各地で黙祷が行われ、18年目にして初めて黙祷に参加できたという遺族のかたもいたようで、震災を絶対忘れられない人達も多くいる事を、僕達が忘れてはいけないですね。

コンコン
2013年01月18日 01:14
訃報は突然が多く、心の整理がつかないときに知らせがきてしまいますね。
お悔やみ申し上げます。

息子さんのお誕生日おめでとうございます!自分とは誕生日が一日違いで勝手に親近感もっております!四歳といえばますます元気でやんちゃになる年頃でしょうか。

阪神淡路大震災からはや18年、各地で黙祷が行われ、18年目にして初めて黙祷に参加できたという遺族のかたもいたようで、震災を絶対忘れられない人達も多くいる事を、僕達が忘れてはいけないですね。

夏生
2013年01月18日 22:25
こんばんは黒河さんw

一日遅れですけど息子さんの誕生日おめでとうございます。

阪神淡路大震災からはや18年ですね。
小学生だった私もしっかりと覚えています。
海松色疑惑の男
2013年01月18日 23:07
命は燃やし尽くすためにあるもの
魂が煌々と燃え盛る様は人の魂の篝火に火を灯すものです
無頼徒 埜亜
2013年01月21日 04:12
久しぶりにブログ見ました。
母方の田舎に車買ったので久しぶりに行き、その次の年におじいちゃんが亡くなりました。虫の知らせだったのでしょうか?

これからも奈美さん頑張って下さい。
2013年02月04日 03:42
阪神淡路大震災からそんなに経つのですね。私の近くにも避難されてきた方がいたのを覚えています。

物事はなんの前触れもなく起こる・・・後悔しないためには?そうしてきたつもりでもいつも振り向けば後悔ばかりで自分自身の矛盾や理想論に嫌気がさします。

息子さん幼稚園ですね。黒河さんの母親としての気持ちが感じ取れます。
私は兄の背中ばかり見て真似事ばかりしていたのであまり自分らしさがなく母親も失敗を恐れていたのか失敗しないように色々教えてくれていました。そのせいか失敗を今になって極度に怖がる欠点があります。
育て方に正解もなくマニュアルもない常に責任がついてくる・・・親は偉大だなと感服します。
☆ナミ☆
2013年02月18日 15:51

コンコンさん
117の日の事は覚えていても、それはとても切実ではない気持ちでいたのかもしれません…その当時は。
今はあれから18年も経ち、責任が沢山ある年齢です。
大好きなおばあちゃんが亡くなって、やはり命というものに想いを巡らせ、感じるままに、私は私で命に向き合って行こうと思っています。


夏生さん
遅くなりましたが、どうもありがとうございます!


海松色疑惑の男 さん
何だか有り難いお言葉だなと思いました。


無頼徒 埜亜さん虫の知らせって、後から思うと当てはまる事、ありますよね。
コメントありがとうございます。

昴さん
そうですね、親には責任がついて回りますよね。
彼らには彼らの人格があって立派な一人の人間なので、特に叱り方が難しいと感じます。
毎日何だかんだと口煩く言ってしまうこともあって、反省だらけ…。
本当は、子どもに対する目標がめちゃくちゃ存在するんですけどね…。

皆様、コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック