黒河奈美の晴耕雨読生活。

アクセスカウンタ

zoom RSS おかしいと気づかないと!

<<   作成日時 : 2015/11/24 12:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4


命をもって産まれたかぎり、上も下もない!!
生まれながらに強い、弱いがあるならば、強い者が弱いものを思って行動するのが人間よ!!

そうじゃなければ弱い命とはなんなのか!?
どうでもいいのか・・!?

気持ちが抑えられず、気持ちのままに行動することで、どれ程悲しむ気持ちを増やすのよ。
考えんか!人間だったら!!


小さな命も絶対に痛みのわかる存在です。
動物を痛め付けて平気な気持ちと動物を物と同等に扱うことは同じこと。

器物損壊とかって、悲しい事実はもうおかしいと気づかないと。
命は物じゃない!!
どこの世界にそんな事を子どもに説明できる世界があるのか!?
本気なのか・・・
この国のしていることは。


☆ナミ☆

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんはm(__)mここ最近のニュースは常識では考えられないことばかりで恐ろしくなりますね…異常なほど殺人事件とか多いし
バンブー
2015/11/25 01:38
バンブーさん
コメントありがとうございます。
痛みに鈍感になると、人は加害者にも被害者にもなりえると思います。
少しの意識と想像力だと思うのですが・・
☆ナミ☆
2015/11/26 12:32
同感!
ホント、この国は動物に優しくない、恥ずかしい。
例外もあるけど、野生の世界では弱い個体は淘汰されてしまう運命。
その中で人間は弱い立場の者に手を差し伸べられる生き物だと信じたいのに。
懸命に動物達を救おうと奔走している人達と、平気で動物を痛めつける残酷な人と、このギャップはどうして生まれるんだろうね。
ちず
2015/12/03 00:16
ちずさん
こんにちは。
コメントありがとうございます‼
ちずさんのblogで見る動物の様子や、動物を救おうと活動されている方々のblogやホームページや展示会等を見ると、命を考える機会に触れられ「自分にも何か!」と思うのですが、そんな人達と動物のこころを簡単に土足にする行動に、なんとも言えない悲しみが込み上げます。
原因は必ずある、解明しなければ、更正を先ず考える、と言う方面だけで考えていたのでは、いつまでたっても被害にあった者が救われることはないと思います。
☆ナミ☆
2015/12/03 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
おかしいと気づかないと! 黒河奈美の晴耕雨読生活。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる