黒河奈美の晴耕雨読生活。

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏だからこそ

<<   作成日時 : 2012/08/12 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 11


こんばんは('-'*)

最近は、ちょっと…朝早起き出来ていない私です。
部屋の位置が、風の入りにくい場所なので、夜はエアコンを28度設定で付ける事が多いのですが、昨夜はそれ程でも無かったのでアイスノンと軽〜く扇風機で寝ました…そしたら、軽〜く体が重い…。自業自得ですな。


さて、先週あまり日記が書けなかったので、タイムリーに載せられませんでしたが、8月6日は広島原爆の日、9日は長崎原爆の日それから15日終戦記念日ですね。

別府市では、黙祷する時間にサイレンがなります。
私も体験するのが初めてだったので正直驚きました。

戦争については私も、出身地大阪で小学生の頃から習っては来ましたが、今思うと本当に軽くでした。
私が聞いた話では、別府では昔から、原爆の日が登校日だったそうです。
九州の他県の方はどうなのでしょうかね。
日本で六十七年前に起きた原子爆弾の投下、未だに続く被爆された方やその近しい人達の苦しみは、私たちは、自ら知ろうとしない限り、殆ど触れる事は出来ないでしょう。

原発の問題でもそうですが、小さな国の中でも距離が離れればそれに比例して、どこか熱は奪われてしまっている。

戦争教育も、私自身そこまで深くしていなかったので、とても重要だなと…今痛感しています。
今からでも、もっと自身で知る事が出来る。子どもにだって話す事は出来る!と自分なりに感じました。

この大事な時期だからこそ、少しでも考える時間を作ろうと思います。
☆ナミ☆

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは黒河さんw

私の学校でも戦争あたりの授業は
学期の尺とかの関係で軽めでした。

原発の問題とか消費税・オスプレイなど
民意そっちのけで勝手に決めてしまう
行政に憤りを感じてます。
原発デモに関しても正直すごいと思いました。
あそこまで多くの方々が動くとは「日本人はまだ
やれる!」と自分も身近なことから何か出来るん
じゃないかと活気づけられましたw
夏生
2012/08/13 12:24
こんにちは!そうですね。もう二度と争いが起きないように、この先も胸に刻んでいきたいですね。災害も含め、今後も落ち着いて過ごせますように。
夏バテ気を付けて御体ご自愛くださいませ(*^^*)
RENKO
2012/08/13 15:26
奈美紗さん ばわわーです

生まれが原爆であまりにも有名な県 どちらかはご想像にお任せします

原爆の考えを書くと手が痙攣するほど書いてしまいそうなので

今回は 8月5日に高校生活の最後の思い出を書きます

ある友達のとんでもない立案で被爆者から話を聞くことになった俺たち その人は原爆で家族を失ったのだという
そんな辛い話をしてくれるのだから真剣になって聞かなければならない・・・
企画そのものは俺がインタビュアーをし 友達が動画に録る
それが近々YouTubeにアップされる予定だそうだ。
感情移入してしまいそうな話を聞かされ俺自身も緊張してしまった。 まったく・・・声優志望が情けない
そういうわけで8月5日は天気にも救われた一日となった。

夏休みも残り2週間ちょっと 俺たちが進んでいく未来に希望が持てるようただひたすら声の練習をする広瀬一刃でした

長いコメになってしまい申し訳ありません。
広瀬一刃
2012/08/13 20:47
こんにちは奈美さん
自分も朝起きれなくて困ってます、というか寝付きが良くなくて九時半に布団に入ったのに寝れたのは午前二〜三時とかザラで・・・ってのはまぁ良いとして。
原爆問題は本当今は「過去の事」と、受けた人達やそれを許せないと思う人達しか怒りや悲しみを持ってなくて一般の、それを歴史の一部と教えられた人は無関心になってる事が多いですね、
それが悪いって事はないのですが、やはり、心虚しい物を感じてしまいますね、これ以上の長文は見苦しいと思われかねないのでここまでにしときます長文失礼しました
石馬幕府
2012/08/14 18:09
「普段はあまり気にしていないけれど」「こんな時だから」。
まあ「気付く」のに遅すぎることはないのですが、逆に「こんな時だけ」考えても、あまり良いことは無いように思います。
例えば「日々の糧に感謝するように」、例えば「毎朝仏壇に手を合わせ」たり、「神の慈悲に感謝」するように、日常の中で自然に考えられるようにしたいものですね。
たち
2012/08/15 10:01
奈美さまこんにちは。
テスト勉強などでコメントできませんでしたが、約2ヵ月ぶりでしょうか。
今までのものも読ませていただきました。
ゴーヤはとても成長しましたね。
ちょうど自分の家にも30センチほどの貰いもののゴーヤがあります。
免許取得おめでとうございます。
それに合わせてでしょうか。
ブログが海辺を走る車のデザインになっていますね。
水色を基調としていて夏らしいです。

自分が小学生の時の平和学習は結構深いものだったと思います。
修学旅行で広島に行きました。行くまでの授業で戦争に関する様々な映像を見て、その都度、感想を書きました。
映像は上辺だけのものではなく、被害をありのまま映したもので、目を伏せたくなるようなものもたくさんありました。

他にも千羽鶴を折って原爆ドーム前で黙祷したり、実際に被爆された方のお話を聞くなどの体験をしました。

今でもその記憶や衝撃は残っています。
本当に良い体験をしたと思っていますが、思いをうまく表現できない自分が歯がゆいです。

長くなってしまい申し訳ありません。
黄龍
2012/08/16 13:02
こんばんは、ナミさん☆

ここ十日ほどストレスと暑さにやられ体調崩しておりました。気づいたらオリンピックも終わっており、なんだか悔しいお盆でした(*ノ∀`)

最近の小学校では前ほど戦争の話題を授業でしないそうで。原爆そのものをしらない小学生もいて、時代なのかと感じています。

子供のときに強烈な印象で教わったことは、大人ななって覚えてるものです。僕が小学生のとき漫画「はだしのゲン」やアニメ「蛍の墓」をみて、血生臭い戦争の恐怖、原爆の威力を学校で教わりました。

家庭では戦争の資料なんて無いに等しい時代だからこそ、学校の授業で教えていきたいものです。平和過ぎて、忘れがちですが戦争のために若くして亡くなった人達がいるということを、子供たちにも知ってほしい。
コンコン
2012/08/20 20:56
こんにちは〜
私も関西なので戦争の授業は軽めでした。
修学旅行で長崎に行ったときに
体験者の方が話されていた話を
私を含めた周りの子達は
誰も真剣に聞いていませんでした。
でも、そんな私が戦争の事を考えるきっかけになった
写真があります。
それはたまたま学校の図書館で見た、長崎、広島の
原爆投下後を写した記録写真集の中にありました。
ガレキの山と化した荒涼な街並みの中
人々が列を作って並んでいる写真。
彼らは亡くなった自分の身内を埋葬するため
火葬の列にならんでいました。
そして、その列の中には5歳ぐらいの男の子が
ぐったりとした小さな赤ちゃんを背負っている所も
写っていました。
その小さな弟か妹を火葬するため並ぶ少年は
気丈な表情で胸を張り
両手を両足の側面に揃えて
いわゆる気を付けのポーズをしているのですが
不覚にもこの写真を見た瞬間、泣いてしまいました。
少年の境遇もそうですが
カメラを向けられた瞬間の、その立派な振る舞いが
悲しくて仕方なかったのです。
もう2度と戦争は起こしてはいけないと
強く心に刻んだ一枚でした。
てててて
2012/08/22 23:48

夏生さん
知ろうとするかしないか、やるかやらないか、関心を寄せるか寄せないか、その両者には雲泥の差がありますよね。
何も出来ないなら、知ろうとする位なら心もフッと寄り添えるかも知れませんね。ひと足前に進んでみるのも、人生の転機になります!


RENKOさん
そうですね!
本当は、一人一人が何事も無く平穏に暮らせるのが一番なのかも知れませんが、そうもいかないですね…。人を傷つける事がどんなにか愚かな事かは、歴史を見ていれば一目瞭然なんだと思いますが、うまくいかないのが人間ですね…もちろんそんな人ばかりではありませんが。
簡単な事ですが、人への思いやりが大切ですね。

広瀬一刃 さん
大切な意見ありがとう。
自身が生活している場所によって、色んな事が見える角度も感情も変わると思います。
貴重な体験をされていますね。
同世代の人や、近い年齢の人から聞くそういった話も、また違う角度からの観点が見え、とても大切な事だと思います。
声の練習、頑張って!


石馬幕府さん
コメントに、ご自分の正直な気持ちを書いていただけるのは、例え批判であっても貴重だと捉えています。
なので、恐縮されなくても大丈夫です。
寝付きは良くなられましたか?
ベッドに入る3時間前にはPCや携帯はいじらない…胃にも何も入れないのが良く眠るコツみたいですよ♪

☆ナミ☆
2012/09/05 15:55
たちさん
コメントありがとうございます。
そうですね。
確かにその場しのぎではいけませんよね。
そうならない為にも、何かきっかけになる日や関連のある事柄で、いつもよりは関心を向け、自分に出来る事を考えられる人間になれる様、自分を磨きたいです。

黄龍さん
お久しぶりです。
どんな夏休みを過ごされましたか?
黄龍さんのご意見も、とても伝わってきました。
ありがとうございます!
私はそういったお話を直接聞いた事は無かったので、とても貴重な体験をされていたのだな…と色々考えました。

免許、無事取れましたよっ!ありがとう!

☆ナミ☆
2012/09/05 16:16
コンコンさん
それぞれの国に、戦争という歴史があり、現にまだその恐怖にさらされている国が沢山ありますよね。先日のジャーナリストの方が亡くなられたのだって戦争の犠牲です。
きっと今現在学校で勉強に励んでいる子達は昔とは種類の違う様々なストレスに阻まれたりもしていると思うけど、そういう歴史の中から学ぶ事はいつの時代も変わらないと思います。それが、人の大切な無くしてはならない部分であると感じるので、どうか歴史の悲劇は誰がみても悪い物は悪い…自分に置き換えて勉強出来る、生きた勉学であって欲しいと願います。



ててててさん
そのような写真があるのですね。
私は実際には見たことがないです。
5歳の子がそのような状況になるだなんて、今の日本からは想像がつきません。
私達のおじいちゃん、おばあちゃん、そのまた上の人達は、本当に大変な、激動の中を生きてきたのだなと感じます。
そしてまた、凄く有り難さを感じます。

☆ナミ☆
2012/09/07 23:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏だからこそ 黒河奈美の晴耕雨読生活。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる