黒河奈美の晴耕雨読生活。

アクセスカウンタ

zoom RSS 追悼

<<   作成日時 : 2012/03/11 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6


2011年3月11日
14時46分
日本が襲われたあの震災から1年の今日、人一人一人は、何を考えて何を祈っただろうか。

連日TVに映されたあの憎い津波の映像を、何度も何度も見返すけど、毎度圧倒され恐怖を感じ、かけがえのない命がのまれてしまったかと考えると…涙が止まりません。

原発の被害に遭われて、住まいや仕事、かげかえのないものまで失われてしまった方々の無念さも、テレビでは到底見て取れないものがあると思います。


自然の脅威に人は抗えない。
当たり前だけど、その当たり前を忘れてはいけない。

学ばなければならない。
そして、人は自然と共存し、人同士は助け合うものでなければならない。


私は今日のあの時間、少しでも多く……しあわせを感じられる瞬間が長く、長く訪れますように…
あの震災の影響でお亡くなりになられた方々が、どうかもう痛み辛さを感じる事なく、安らかに過ごせる様にと祈りました。


今日は静かに祈る一日にして、明日からはまた、希望や夢や明るい未来を想像して、一日一日を大切に生きていきたい。


おやすみなさい。


黒河 奈美

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 ぼくもあの日を決して忘れず、でもあの日に捉われずに生きて行こうと思います。
たち
2012/03/12 08:08
おはようございます黒河さんw

もう、震災から一年経っているのに政策は
ほとんど進んでいない国の行政には憤りを感じますが
それでも現地の方々は自分達の力で復興させようと
しています。
そう言ったニュースを見る度に心から応援したく
なりますねw
夏生
2012/03/12 10:02
奈美紗さん ばわわーです

今回のコメントは序真面目に詩というか 自分の気持ちを書きます


あの日 そう 日本がパニックの渦に巻き込まれ ある者はテレビでそれを知り またある者はラジオで・・・
自らの体験談を語るとラジオを聞いていると 突然放送がやみ パニックに陥った東北が聞こえてきた
そして こちらには余震もなく だが 一つ考える 日本には4つの大陸プレートがあり 地震大国と呼ばれるほど多いはずなのだが それがここに来て起きた つまり 力を解放しきれてないプレートが反発または壊れるとしたら 今回の地震の規模ではない おそらく日本全土が混乱に陥る
私はそれが恐くてたまらない

と・・・ 自分の想いを連ねてみました

さてさて テストも終わり伸び伸びとできる広瀬一刃でした

次回の更新も楽しみにしています。
広瀬一刃
2012/03/13 21:13
2011年3月11日のことは忘れてはいけない出来事なんですよね。

同じ国で家族と離れ離れになり、故郷に戻れず、職もない。

でも苦しい時にこそ、頼ってほしいし、力になりたいです。

自分の少ない募金からでもできることがあると信じたいです。
コンコン
2012/03/14 11:55
こんばんは!未だにあるのではと考えずにいられず、こうして書いたりする1つ1つ貴重で大切にしていきたいですね。
RENKO
2012/03/16 02:22

たちさん
そうですね。
歴史には学ばなければならないことが沢山あるのは、こういう事の意味かもしれませんね。


夏生さん
自分に余裕がないときにも、そんな自分の事を考えてくれる人がいてくれると思うと、強い気持ちになれます。
少しでも想いを途切れさせないように努力を惜しまないようにしたいですね。


広瀬一刃さん
正直な気持ちは誰にでもあります。
もちろん私にもはっきりと言いたくても言えない思いはあります。
それが良いのか悪いのか…難しいです。
きっと大人になると、今の考え方を思い返して気づく事やその先の進路に影響を与えるものもあると思います。
何気なく書き留めておく事は、自分の財産にもなりますよ。


コンコンさん
素直な気持ちがとても伝わってきました。
ありがとうございましたm(__)m


RENKOさん
そうですよね。
この時代の事はきっと未来もずっと語り継がれなければならない出来事です。
そこからどう立ち上がり、皆がどう生活を築きあげていったのかも、素晴らしい!と語り継がれる様に、今が日本人の踏ん張り時ですね!


☆ナミ☆
2012/03/21 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
追悼 黒河奈美の晴耕雨読生活。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる