黒河奈美の晴耕雨読生活。

アクセスカウンタ

zoom RSS 終戦の日

<<   作成日時 : 2010/08/16 00:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 13


本日も、もう日にちでいうと終わろうとしていますが、終戦の日でした。

ここの所、夜中の戦争関連のTVを見てました。

考えさせられる事ばかり。
分かっていりつもりだったけど、全く知らない事ばかりの戦争。

悲惨な記録しか残らない戦争。

今年で65回となった終戦の日。
戦争を知らない世代ばかりになるまえにやはり何かをして、感じなければ…。


☆ナミ☆

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

終戦の日、私は結局何も出来ずに終わってしまいました。
戦争でも事件でも、事実を知らない世代ばかりになって風化してしまうのが怖いですね…。

誰かが語り継がなければ。
有栖
2010/08/16 00:23
テレビでニュース見てたら、式典に4歳の男の子が来ていてインタビューを受けていたのですが、「曾おじいちゃんの為に来た」と言っていたのを見てなんだか心がほわ〜っとなりました。
物語
2010/08/16 00:41
黒河さんこんにちは、終戦から65年経ちました。戦争については学校教育や記録映像で学びますが、まだまだ知らないことがたくさんあります。より広い視点で考えないといけないと感じました。さまざまな研究本が出ているので時間作って読みたいですね。
帽子好き
2010/08/16 01:31
そうですね。(T_T)
この日を迎える思いは人夫々あると思う。
事実を語り伝えていれば凄い。でも、
もしこの日にたとえ何も出来ていなくとも
私達は私達なりに思い出した時、感謝を忘れずに生きていければ、戦争に関わって亡くなった人達もいつか笑顔になってくれると私は思っています。
難しいですけどね こういうことって。
九朗
2010/08/16 01:46
黒河さん、こんばんは。

自分が高校生だった頃によく戦争の話をする年配の先生がいました。戦争の悲惨さ、その頃の日本の現状等・・
今思えば戦争を知らない世代に語り継いでいたのかなと思います。
モリエンテス
2010/08/16 02:12
初コメントです。

ボクは大阪の高校三年生で最近思ったことは
近頃の若い人は戦争があったことも知らないんですよね

やっぱり戦争があったことを知るべきだと思います。

Taku
2010/08/16 04:36
こんにちは
戦争というものを考えた時、今の日本は平和なのでしょうが、私達が知らないだけでこの世界のどこかではまだ戦争や紛争が起こっていて、誰かが泣いているという現実についても考えてしまいます。
争いのない真の平和な時代が来ることを願うばかりです。
EmptySet(えんぷてぃせっと)
2010/08/16 09:38
この夏は初めてゲストハウスなるものを利用しました。そこでは欧米の方々、アジアの方々、中東の方々などと少なからず交流してきました。それぞれ文化は違えども人を思いやる気持ちに差異はないように感じました。平和についての話題も少しでたりと、悲惨な記録しか残らない戦争を繰り返さないように個人としてどう考え行動するかを少し考えさせてくれる夏でした。
みやび
2010/08/16 09:51
ナミさん、おはようございます!
WhiteStarです(^-^)v


そうですよね〜!

ホントに戦争の悲惨さや残酷さなどは見てて辛いものがありますけど、その辛さや悲しさというものを忘れ去られる前にもう一度、戦争について色々と考える必要があるのかな〜と思います!

僕も知らないことばかりなので、人のことは言えませんが…改めて、僕も戦争について色々と考えたり感じたりしていかないといけないと思います!

もう二度と戦争というものを起こさせないためにも、今の子供たちにちゃんと伝えていかなければならないです!

WhiteStar
2010/08/16 10:47
こんにちは!
戦争で国のために散って行った人がたくさんいること。
でも、あの敗戦により日本がうまれかわったこと。
この2つはいつまでも忘れてはいけないと思う。

終戦の日に靖国にいかない与党の閣僚には、
本当にあきれました。
スイヨーキング
2010/08/16 11:00
終戦から65年。私は本やテレビで当時の戦争のことを知りましたが、それでもまだまだ知らないことだらけです。

日本は終戦から65年間平和を維持してきましたが、世界ではまだ内戦や戦争、テロなど様々な出来事で苦しんでいる人達がいると思うと悲しいです。

恋姫もモチーフは三国志、戦争の話なのですよね。出演されている黒河さんには申し訳ないと思うのですが、争いは嫌ですね。不快に思われたら申し訳ありません。
でも、よくあるアニメは戦争によって虐げられる人達の描写があまり無いのが悲しいです。

これからは日本だけでなく世界が平和になれると良いです。
門村 昴
2010/08/16 14:02
終戦からすでに65年たっているのですね
私も含めてですが、当時のことをまったく知らない人が増えてきているのはあまり良いことではないですね

今では戦争は良くないこというのは当たり前のことですが、当時は日本という国を守り発展させるために戦争をしなければならない、領土を拡大しなければならないという考え方が主流であったことを考えると、一般兵士などに非はなく、靖国問題など考えることは多いように感じます

これから戦争のことを考えて平和な世界になるよう一人一人頑張らないとですね♪
柳の雛
2010/08/16 17:07
奈美さまこんにちはpart1

終戦記念日、これといって行動を起こしたわけではないのですがいろいろ考えました。
悲しいですね。

『終戦』と聞くと記念すべきこと、というより喜ばしいことを連想しますが実際はただ戦力の底が尽きただけなんですよね…
もしもまだ戦力が残っていればもっと続いたはずです。

そもそも『開戦』してしまったこと自体問題なのです!

「日本は唯一の被爆国として原子爆弾の脅威を世界に伝えなければならない」のようなことが言われていますがアメリカに戦争を仕掛けたのは日本なんですよね。
そのアメリカもロシアが参戦する前に終わらせたくて原爆を落とした…

結局は国家の利益、偉い人の欲のために起こった人同士の殺し合いなんですよね。

だから「世界に原爆の脅威を伝える」ではなく「次世代に戦争がいかに愚かかを伝える」ではないといけないのです!

ちょっと熱すぎましたね(^^;)
黄龍
2010/08/17 15:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
終戦の日 黒河奈美の晴耕雨読生活。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる